学校と地方創生のシーズプロデュース株式会社

第3回”かのや100チャレ”発表会が開催されました。

首都圏の中高生が考える「鹿児島県鹿屋市が抱える100の課題」チャレンジ事業

第3回”かのや100チャレ”発表大会が開催されました。

参加校は全6校、今回から教員部門が開設され、

逗子開成の片山先生の発表が行われました。

又、かのやオフィシャルサポーターの半田あかりさん(松竹芸能所属)にも

司会に加わって頂き、大変盛り上がることができました。

日時:2017年2月19日(日)

場所:文教大学付属中学校・高等学校 LOTUS HALL

<参加校>50音順

京華中学・高等学校

湘南学園中学校・高等学校

逗子開成中学校・高等学校

本郷中学校・高等学校

文教大学付属中学校・高等学校

早稲田高等学院

計6校

↓発表会の様子

170219_kanoya100_226

170219_kanoya100_100

170219_kanoya100_180

170219_kanoya100_109

170219_kanoya100_345

170219_kanoya100_402

<結果>

最優秀校: 逗子開成中学校・高等学校
テーマ①:国鉄大隅線ウォークラリー
テーマ②:コテージ作成体験
半田あかり賞(特別賞) : 湘南学園中学校・高等学校
テーマ:湘南学園と鹿屋の食材
事務局賞(最優秀個人賞): 本郷高等学校 安藤稔様これまでの研究成果及び会への貢献度が評価されました。

トルネード賞(今回急遽設定):文教大学付属中学校・高等学校
テーマ:私たちができる鹿屋名産物知名度up!大作戦

第3回発表大会はステップが進み、プレゼンテーションからまた一歩進んだ実効性を問われる段階に入って来ました。学校教育では未知の領域ですが、全参加校はこの領域を互いに様々な視点の共有をしながら進んでいます。是非、第4回以降も皆様のご支援頂けたら幸いです。

ROAD TO KANOYA

第四回をお楽しみに!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする